歯科アレルギー検査

歯科のアレルギー検査について

歯科でのアレルギーどんな検査

最近、歯科で使用されている金属が原因で顔や全身にアレルギー反応を起こす人が増えてきています。使用している金属の詰め物やかぶせ、義歯などに使われている金属に関係してきます。治療をしたあと、どうも体調がすぐれないとか口内炎などがなかなか治らないなどの症状があれば、歯科医に相談してください。検査としては、問診、レントゲン、金属成分の分析(パッチテストで陽性反応のあったものが口の中にあるかどうか)、口の中にある金属がどの程度溶けだしているかを特殊な機械で測定、血液検査、パッチテストなどです。また麻酔薬やラテックスゴムが原因のこともあります。

金属アレルギーの対処法

歯科治療のさいに使われる金属の詰め物に、アレルギー症状を発症する人が中にはいます。金属アレルギーとは、体と金属が触れることによって起こるさまざまな症状のことを指します。金属は唾液などの水分と接触することで、金属イオンという小さな物質になって溶けだしていきます。それに免疫細胞が過剰に反応することで、口の中や体に異常な症状となってあらわれてくるのです。完全な治療法は現在のところないので、歯科医院で口の中の金属をとりのぞき、金属以外の詰め物に変更することで対処することになります。なるべく日頃の生活の中で金属に触れないようにすることで症状は静まっていきます。

歯科とアレルギーの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科のアレルギー検査について All rights reserved