歯科で金属アレルギー

歯科での金属アレルギーについて

意外とある歯科の金属アレルギー

歯科治療の中で、金属というのは意外とよく使われています。銀歯はもちろん、入れ歯の金具などは見れば分かりますが、差し歯の内側の補強の金属が使われるなど、目に見えない部分にも多く使われています。そのような歯科治療によって、アレルギーを起こしてしまうことがあります。口の中以外にも、皮膚などに発疹ができるなど、アレルギー症状は多岐にわたります。治らない湿疹の原因が銀歯にあったということも珍しくありません。ネックレスなどのアクセサリーばかりが原因とは限らないので、口の中を含めて総合的に判断する必要があります。

歯科で起こるアレルギーについて

歯科で治療をした際に、金属を利用すると、アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。仕組みとしては、使用した金属が口の中に溶けだして、それによって身体に取り込まれることで起こります。症状で最も多いのは、手や脚の裏に水泡や膿を持ったりする症状や、粘膜にわずかに隆起した白線が出来る、口内炎や歯肉炎などや、衣類に触れている皮膚に炎症を起こしたり、発疹などが代表的な症例となります。歯科でのアレルギーを検査する方法にはパッチテストがあります。疑いがある成分を肌につけてみる方法です。心配な方はやってから行うことをお勧めします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科のアレルギー検査について All rights reserved