歯科レジンアレルギー

歯科アレルギーとレジンについて

歯科れのレジンアにレルギー反応

歯科で使用するレジンでアレルギー反応を起こす人もいます。レジンとは樹脂系の素材で、見た目も適度の白さもあり安価なために歯科でよく使用され、差し歯、詰め物、入れ歯、仮り歯、接着剤と幅広く利用されています。アレルギー反応を示す人もあり、その症状は全身的にはアトピー性皮膚炎のように湿疹や蕁麻疹のようなかゆみを伴う症状、また口の中では粘膜が赤くなったり、腫れたり、熱を帯びることもあります。揮発性のため固まっていないと鼻炎や喘息用の症状を呈することもあります。時間が経過してから症状が出てくることもあるので注意しましょう。

アレルギー体質の歯科治療

アレルギー体質で、頻繁に湿疹やアトピー性皮膚炎の症状に悩まされている方は、銀歯などの歯科金属が原因の場合があります。金属に対して過敏に反応しやすい方は多く、歯の治療に金属が使われている場合は金属を取り除くことで症状が改善されえる場合があります。例えば銀歯の金属を取り除き、セラミック素材のかぶせものにすることで皮膚の症状が改善される症例もありますので、治療をしても治らないアレルギー症状がある方は、歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。相談内容によっては金属を取り除く処置をしてもらえることもあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科のアレルギー検査について All rights reserved