歯科外来アレルギー

歯科の外来とアレルギーについて

歯科とアレルギー外来の関連性

歯医者とアレルギー外来では一見関係なさそうに見えますが、接触性皮膚炎や掌蹠膿疱症などの皮膚疾患では歯科を受診するように勧められることがあります。これは、金属アレルギーが疑われているからです。歯の治療で使われた金属性の物質が長年の間に溶け出し、体に影響しているのではないかと考えられているからです。皮膚科などで、パッチテストといって、背中に疑わしい成分を縫って置き、皮膚反応をみるという検査をしますがその中に歯科材料の成分も塗って確かめます。ただ、口の中で何が使われているかは歯医者でないとわからないので、それを確認します。両者にはこのようなつながりがあるのです。

歯科金属とアレルギー

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は、歯科金属が原因となっていることがあることが近年明らかになってきました。歯医者の治療に使われる銀歯などの金属がこの症状の原因の一つなのではないかと考えられており、実際に金属を取り除くことでアレルギーの症状が改善される症例も多く見られます。もし様々な治療を行っても皮膚の症状が治まらない場合で、歯の治療に金属が使用されている場合は、金属の除去をすることで症状が改善されることがありますので、かかりつけの歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。金属を取り除いた場合、健康保険で他の素材に取りかえることもできます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科のアレルギー検査について All rights reserved